FC2ブログ

ビリヤードの起源と原型

ビリヤードの起源と原型


クレオパトラもやっていた??



ビリヤードがいつ、どこで始まったのか?
その起源はあきらかではありません。
いちばん古いものになると紀元前400年、古代ギリシャにさかのぼります。
その頃の戸外スポーツに円錐形のものへ丸い石を棒で突き当てる競技があります。
それが原型だとする説がありますが、はっきりとしたことは言えないようです。


このほかにも十字軍によって東方から原型が伝わりスペインで考案されたという
スペイン起源説や、国技のクリケットを室内で行ったのではないかという
イギリス起源説などがあります。

シェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』にはビリヤードらしき
ゲームが書かれているようですが、それがどのようなゲームであったかはわかりません。
そして、もう1つ有力な説として言われているのがフランス起源説です。

ヨーロッパにはクロッケーという戸外球戯の一種があります。
これは出発柱と折返柱の間にいくつかのコの字形の鉄門(フープ)を
設けてあり、木製の球を木づち(マレー)で打って、その門を
順番に通過させて早く出発柱に打ち当てることを競うゲームです。
年寄りのゲームとして定番になっている(?)ゲートボールは
このクロッケーを簡略化したものとのことです。
皆さん、知ってましたか???

このクロッケーはフランスで生まれてイギリスにも伝わり
19世紀頃に盛んに行われました。

1571年、ちょうどフランス宗教戦争のころ、
このゲームをもとにして、フランスの王室芸術家だった
ド・ビニーが円錐形の石を、つえで転がすゲームを考案、
簡単なルールを作りました。
これがビリヤードの原型なんではないかというのです。

このほかにも14~15世紀頃のフランスビリヤード発祥地
としている資料が多く残っていることから、
フランスビリヤード発祥地という説が一般的になってます。


どこの国が発祥の地なのかはハッキリとしませんが、
いずれにしてもビリヤードの原型としていわれている戸外ゲームは
2個の丸い石と円錐形のものを地面に置いて、曲がった棒の片方を肩に乗せ
もう一方を握って石を突いて転がす競技だったと言われています。

このクリケットに似た戸外スポーツを室内ゲームにしてヨーロッパ各地に
広がり発達して言ったのもといわれています。





応援して下さ~い♪

FC2ブログランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログへ 人気blogランキングへ

コメント

非公開コメント

billiard5599

FC2ブログへようこそ!